WordPressのカテゴリ一覧のURLからcategoryを消す方法!

WordPressのカテゴリ一覧のURLにある「category」を取り除きたいことってよくありますよね?

例えば、このサイトのWordpressカテゴリ一覧のURLは「https://lucklog.info/category/wp/」となっています。僕はそこまで気にしませんが、ほとんどのお客さんが「category」を無くしたいと仰います。

URLの階層が浅くなるのでSEO的にも良さそうな気はします。

では、こちらを消す方法をご紹介します。プラグインも無しで簡単に削除することができます。

WordPressのカテゴリ一覧のURLからcategoryを消す方法

引用:chrome(自サイト)

まず、現状のURLを確認しておきます。

引用:chrome(Wordpress)

管理画面の「設定」をクリックします。続けて、「パーマリンク設定」をクリックします。

引用:chrome(Wordpress)

2か所設定する必要があります。

1つ目:「共通設定」>「カスタム構造」を「/%category%/%postname%/」と設定してください。ただし、「%postname%/」の部分はご自身が望むURLにしてください。本題とずれますので、後ほど詳細を書きますので、気になる方はそちらをご覧ください。

2つ目:「オプション」>「カテゴリーベース」を「.」(半角ドット)と設定してください。

設定後「変更を保存」をクリックして対応完了です。

引用:chrome(自サイト)

「category」を無くすことができました。
※当サイトは「category」ありの設定にしています

カテゴリー一覧の2ページ目以降が404エラーになった場合は下記もチェック!

共通設定」の「%postname%/」部分について

先ほど「共通設定」に「/%category%/%postname%/」と設定してくださいと書きましたが、「%postname%/」に関しては自由に設定していただいて問題ありません。

いくつか例を挙げておきます。参考になれば幸いです。

URLの最後を「スラッグ(投稿名)」にしたい場合

「/%category%/%postname%/」と設定してください。これは最初に設定をお願いした形ですね。

すると、記事ページのURLは「https://lucklog.info/wp/wp-erase-category/」となります。
※「wp-erase-category」=スラッグ

URLの最後を「数字(投稿ID)」にしたい場合

「/%category%/%post_id%/」と設定してください。

すると、記事ページのURLは「https://lucklog.info/wp/441/」となります。
※「441」=投稿ID

URLの最後を「スラッグ(投稿名).html」にしたい場合

「/%category%/%postname%.html」と設定してください。

すると、記事ページのURLは「https://lucklog.info/wp/wp-erase-category.html」となります。
※「wp-erase-category」=スラッグ

上記のように拡張子「html」を付けることもできます。

URLの最後を「blog-数字(投稿ID)」にしたい場合

「/%category%/blog-%post_id%/」と設定してください。

すると、記事ページのURLは「https://lucklog.info/wp/blog-441/」となります。
※「441」=投稿ID

上記のように投稿IDの前に文字(blog-など)を足すこともできます。

その他にもいろいろ設定できます

パーマリンク設定の「カスタム構造」に「利用可能なタグ」とあります。これらを組み合わせたり、決まった文字を使えば、自由にページURLを作ることができます。自分の気に入った形にしてみてください。

引用:chrome(Wordpress)

まとめ

引用:chrome(Wordpress)

WordPressのカテゴリ一覧のURLにある「category」を削除する方法は、パーマリンク設定の「カスタム構造」を「/%category%/%postname%/」、「カテゴリーベース」を「.」(半角ドット)と設定すればOKです。
※「%postname%/」部分は投稿ページのURLになるので、お好きなものにカスタマイズしてください