【WEBツール説明書】cookieに保存-見積書作成

1ページで説明を見たい方はこちら

目次

  1. テキスト編集
    見積書の編集可能なテキストの箇所や編集方法を説明します
  2. 自動計算
    どこを元にどの部分を自動計算してくれるかを説明します
  3. 表示件数
    見積り項目の表示件数を変更する方法を説明します
  4. cookieに保存
    作業途中に保存しながら作業する方法を説明します。自動保存もできます
  5. エクスポート
    cookieへの保存はあくまで作業中の一時的な保存機能です。スプレッドシートやエクセルにそのまま貼り付けれるデータのエクスポートの方法を説明します
  6. インポート
    5でエクスポートしたデータをインポートする方法を説明します
  7. 印刷する
    作成した見積書をプリントする方法を説明します

cookieに保存

Firefoxキャプチャ引用※実際はChromeで行います

青枠の「cookieに保存 (Ctrl+S)」をクリック、もしくはCtrlSでその時点の見積書の情報をcookieに保存できます。保存期間は7日間です。
cookieに入力した内容を保存しますので、次回同じブラウザで開いた場合も引き続き作業を行っていただけます。

Firefoxキャプチャ引用※実際はChromeで行います

保存すると上記のようにメッセージが表示されます。いつ保存したか確認できます。

ただし、「保存期間:7日間」の保証はできません。ご了承ください。出来るだけ次に説明するエクスポートによってスプレッドシートやエクセルに保存してください。

ちょっとした便利機能程度に考えていただければと思います。

自動保存

Firefoxキャプチャ引用※実際はChromeで行います

自動保存(毎分)にチェックを入れると上記「cookieに保存」を毎分自動で行います。編集していて、ブラウザが落ちてしまったりしたときにcookieに残っている可能性があります。落ち方・フリーズの仕方によってはcookieが消えてしまうかもしれませんので、残っていればラッキーくらいに捉えていただければと思います。

Firefoxキャプチャ引用※実際はChromeで行います

チェックを入れると、上記のようにメッセージが表示されます。いつ自動保存にしたか確認できます。

次の説明

1つ前の説明

ツールへのリンク