ウィンドウの切り替えのショートカットAlt+Tabの使い方

ウィンドウ切り替え(Alt+Tab)

ウィンドウ切り替えのショートカットキーはAltTabです。
それでは、細かく使い方を説明します。実際に試しながら見ると分かりやすいかと思います。

一つ前のウィンドウを開く

Altを押しながら、Tabをクリックします。TabをクリックしたらすぐにAltTabも離します。これで1つ前のウィンドウを表示することができます。

現在開いているウィンドウの中から選択してウィンドウを開く

Altを押しながら、Tabをクリックします。TabをクリックしたらすぐにTabを離します。Altは押したままです。

すると、下記のような状態になります。ちなみに、左から2番目のエクスプローラーが選択された状態です。分かりにくいですが白い枠線があります。

Alt+Tabをクリックし、Tabだけ離したとき

もう一度TabをクリックしてすぐにTabを離します。すると次のウィンドウが選択された状態になります。これを繰り返して、開きたいウィンドウを選択します。選択された状態でAltを離します。

すると、選択したウィンドウが開かれます。

逆順

上の「現在開いているウィンドウの中から選択してウィンドウを開く」と途中まで同じです。

Altを押しながら、Tabをクリックします。TabをクリックしたらすぐにTabを離します。Altは押したままにして、下記の状態にします。

Alt+Tabをクリックし、Tabだけ離したとき

Altを押したまま、更にShiftも押した状態にします。AltShiftを押しながら、もう一度TabをクリックしてすぐにTabを離します。すると一つ左(逆順)のウィンドウが選択された状態になります。行き過ぎたりした場合に、戻ることができます。

まとめ

操作方法は以上です。

ウィンドウ切り替えはとても便利で時短・作業効率のアップが見込めます。それについて少し考えてみました。気になる方はチェックしてみてください。