ショートカットキーを使って切り取る(カット)(Windows)

マウスの右クリックを「切り取り(T)」が表示されます(下の画像)。

引用:サクラエディタ

選択中のテキストなどを切り取ることができます。上の画像であれば「ここを切り取るよ」が切り取られます。

プチ情報:HTMLのタグも一緒に切り取られる

ホームページに文字や画像を表示するためにタグというもので書かれています。そのタグも一緒にコピーされます。例えば強調したい部分は<strong>宿題を忘れない!</strong>という風に書くことがあります。実際に書いてみると「宿題を忘れない!」←となります。太字になっていて、<strong>は表示されません。タグとはコンピュータに対して意味のあるモノで、画面上には表示されません。タグについてはこれ以上深くは触れないでおきます。
本題に戻ります。ここでホームページ上などでテキストを切り取るとこの見えないタグもコピーしています。上の例の場合だと、「宿題を忘れない!」を切り取ったつもりでも、「<strong>宿題を忘れない!</strong>」が切り取られています。メモ帳などのテキストエディタに貼り付けると「宿題を忘れない!」だけ貼り付けられますが、ブログなどの記事を書くエディタに貼り付けると実はタグも貼り付けられています。これが原因で記事が崩れることがありますのでご注意ください。

「切り取る(カットする)」のショートカットキー

CtrlX

Ctrl」を押しながら「X」を押します。

キーボード上の各キーの位置

  • Ctrl:1番下の段・左から1番目もしくは2番目だと思います
  • X:下から2段目・左から3番目だと思います

注意点

先に「X」を押してしまうと、『x』が入力されてしまうので、「Ctrl」を先に押してから「X」を押しましょう。

使用する指

私は左手の小指Ctrl左手の人差し指Xを押しています。

切り取る(カットする)引用:サクラエディタの流れ

引用:サクラエディタ

①マウスでカーソルを合わせます。
※赤いの部分です

引用:サクラエディタ

Shiftを押しながら、を押します。Shiftは押したままで③に進みます。
上の画像のように1文字選択された状態になります。

引用:サクラエディタ

Shiftを押したままでを繰り返し何度か押します。「ここを切り取るよ」を全て選択できればOKです。
※「ここを切り取るよ」の場合ですとを8回押します

④③の状態でCtrlXで切り取り完了です。

関連ページ

▼ 切り取り後は貼り付け(ペースト)。こちらをどうぞ

▼ 切り取らずにコピーする場合はこちらをどうぞ

▼ 私がよく使うショートカットキー一覧はこちら