テキストを選択する色々な方法(一部選択)

テキストを選択する方法はいろいろとあります。私が実際によく使っていてオススメだと思っている方法にはオススメと記載しておきますので、参考にしてみてください。

いくつかの選択方法を説明しますが、「4.~」以外は「ここを選択するよ」を選択します。「4.~」は「4.~」をご覧ください。

▼ すべて選択・行頭~選択位置まで・選択位置~行末まで・1行などここで紹介する以外の選択方法はこちらをどうぞ

1.マウスを使って選択する

引用:サクラエディタ

①上の画像の赤いの部分をマウスで左クリックします。クリックしたまま②に進みます。

引用:サクラエディタ

②左クリックしたまま、「ここを選択するよ」の「よ」の後ろまでマウスを移動させます。
思った位置に移動できた後はマウスの左クリックを離してください。
※上の画像の赤いの部分です

引用:サクラエディタ

③「ここを選択するよ」を選択できました。

2.Shiftを使って選択する

引用:サクラエディタ

①マウスでカーソルを合わせます。
※上の画像の赤いの部分です

引用:サクラエディタ

Shiftを押しながら、を押します。Shiftは押したままで③に進みます。
上の画像のように1文字選択された状態になります。

引用:サクラエディタ

Shiftを押したままでを繰り返し何度か押します。「ここを選択するよ」を全て選択できればOKです。
※「ここを選択するよ」の場合ですとを8回押します

引用:サクラエディタ

④「ここを選択するよ」を選択できました。

キーボード上の各キーの位置

  • Shift:下から2段目・左から1番目だと思います
  • :1番下の段・右から1番目だと思います。ただし、テンキーがある場合は右から4番目あたりだと思います(「0」の左にある可能性が高いです)

使用する指

私は左手の薬指Shift、右手の薬指を押しています。

3.CtrlShiftを使って選択する(オススメ

オススメ。比較的短いテキストを選択する場合によく使います。

引用:サクラエディタ

①マウスでカーソルを合わせます。
※上の画像の赤いの部分です

引用:サクラエディタ

Ctrlを押しながら、Shiftを押します。どちらも押したままを押します。CtrlShiftは押したままで③に進みます。

上の画像のように複数文字選択された状態になります。Ctrlがあることでひと塊分一度に選択されます。1文字ではなく平仮名単位や漢字単位などブロック単位で選択してくれます。

引用:サクラエディタ

CtrlShiftを押したままでを繰り返し何度か押します。「ここを選択するよ」を全て選択できればOKです。
※「ここを選択するよ」の場合ですとを3回程押します。ただしソフト・アプリによって3回ではない場合があるかもしれませんので、選択状態を見ながら操作してください

引用:サクラエディタ

④「ここを選択するよ」を選択できました。

キーボード上の各キーの位置

  • Ctrl:1番下の段・左から1番目もしくは2番目だと思います
  • Shift:下から2段目・左から1番目だと思います
  • :1番下の段・右から1番目だと思います。ただし、テンキーがある場合は右から4番目あたりだと思います(「0」の左にある可能性が高いです)

使用する指

私は左手の小指Ctrl左手の薬指Shift、右手の薬指を押しています。

4.マウスとShiftを使って選択する(オススメ

オススメ。長いテキストや複数行のテキストを選択する場合によく使います。上記3の方法だとクリック回数が多くなるため、こちらの方が早く選択できる場合があります。

複数行のテキスト「ここから~~ここまでを選択するよ」を選択してみます。

引用:サクラエディタ

①マウスでカーソルを合わせます。
※上の画像の赤いの部分です

引用:サクラエディタ

Shiftを押しながら上の画像の赤い部分をマウスでクリックします。
※選択したいテキストの最後の文字の後ろをクリックします

引用:サクラエディタ

③「ここから~~ここまでを選択するよ」が選択できました。

キーボード上の各キーの位置

  • Shift:下から2段目・左から1番目だと思います

使用する指

私は左手の薬指Shiftを押しています。

関連ページ

▼選択した後はコピーしますか?その場合はこちらをどうぞ

▼ 選択した後は切り取りますか?その場合はこちらをどうぞ

▼ すべて選択・行頭~選択位置まで・選択位置~行末まで・1行などここで紹介する以外の選択方法はこちらをどうぞ

▼ 私がよく使うショートカットキー一覧はこちら