【レンタルサーバ選び】ディスク容量はどれくらい必要?

レンタルサーバを選ぶときに、「容量ってどれくらい必要なの?」と思いませんか?

スマホの容量であれば、写真や動画、アプリなどどれくらい入ればいいかな?と、何となく想像できます。ですが、ホームページやブログを始めようと思ったとき、経験がないと、どれくらい必要なのか想像しにくいと思います。

そこで、今まで多くのサイトを制作してきた経験から、「どれくらい必要か」なるべく簡単にお伝えしたいと思います。

100GBもあれば十分

ホームページ・サイトだけを考えているのであれば100GBあれば十分です。

とんでもない量の画像や動画をサーバに置きたいというのであれば話は変わりますが、そうではない普通のサイトであれば、100ページくらいのサイトでも問題ありません。

単位(b:バイト)の説明

「1000gが1kg」、「1000kgが1t」と同じ感覚です。

実際は、1MB=1024KB、1GB=1024MBですが、雰囲気が分かればいいので、「1000Bが1KB」、「1000KBが1MB」、「1000MBが1GB」で考えてもらってOKです。
※B(バイト)、KB(キロバイト)、MB(メガバイト)、GB(ギガバイト)

サイトにはどういったモノが必要で、どれくらい使うの?

サイトを作るには「テキストファイル」や「画像」などが必要になります。また、「お知らせ」や「ブログ」を考えているのであれば、WordpressというCMSというものも利用します。その場合は「データベース」も必要になります。

それでは、例を挙げながら一つずつ見ていきます。

テキストファイル

テキストファイルとはメモ帳など(テキストエディタと呼ばれるもの)で開いてテキストを編集できるファイルです。
※「●●●.html」「●●●.css」「●●●.php」「●●●.js」といったファイルです。あまり細かいことは気にしなくて大丈夫です

サイトに使うテキストファイルは大きくても5MBもいかないくらいです。18万行くらいのテキストファイルを持っていますが、それでも3.8MBくらいです。

18万行のファイルは少し特殊です。僕がか・な・り書いたと思っても5000行に届かないくらいです。実際4100行くらいのファイルで77KBでした。0.1MBにも至りません。

100ページのサイトと仮定

仮に100ページのサイトだとしましょう。あり得ないですが、1ページあたり5MBとします。すると100ページで500MBです。かなり大きく見積もっても500MB程度です。テキストファイルが原因でサーバが圧迫されることは起こらないでしょう。

この時点で100GBー0.5GB=99.5GB残っています。(500MB=0.5GB)

画像

続いて画像です。スマホなどで写メをとったり、インスタをしている人も多いので、テキストファイルよりも想像しやすいのではないでしょうか。

「これは大きい」と思う画像だと1つの画像で10MBのものがあります。ですが、その画像をそのまま使うと、サイトの表示が遅くなるという問題が発生します。これは、よくありません。

ですので、実際にサイトで使用する画像は500KB以下、大きくても1MBくらいにファイルサイズを落として使用します。

100ページのサイトと仮定

「使用する画像は500KB以下、大きくても1MBくらい」と書きましたが、ブログなどで写メをそのままアップすることもあります。ですので、1ファイル5MBと仮定します。

1回の投稿で10枚画像を使ったとします。5MB×10枚×100ページ=5000MB、つまり5GBになります。かなり多く見積もりましたが、それでも5GB程度です。

この時点で99.5GB-5GB=94.5GB残っています。

データベース

データベースに関しては想像しにくいでしょう。正直なところ僕もあまり想像がつきません。
なので、実際の数字を見てみましょう。

このブログですが、Wordpressを使っていて、ページ数は約150です。これで使用しているデータベースの容量は「93.5MB」です。割と少ないんですね。

よって、94.5GBー0.1GB=94.4GB残ります。(100MB=0.1GB)

まとめると(実際のデータとも比較)

100ページのサイトを作ると仮定した場合、テキストファイル、画像、データベースでだいたい5.6GB使うと考えられます。よって、残りは94.4GBもあります。全体の5%程度しか使っていないことになります。しかも、それぞれ大きめに見積もったのです。

ちなみに、23社程のホームページが入っているサーバ(エックスサーバー)を使用があります(仕事で使用しているものです)。そこでは、ほとんどWordpressを使用しています。それでも全体で8.2GBしか使用していませんでした。全体の10%も使用していません。

ちなみに、このブログがメインのサーバ(さくらインターネット)だと、1.31GBでした。

いかがでしょうか?

100GB で十分だと思いませんか?

メールのことも忘れずに

さて、サイト作成だけだと100GBで十分そうだと感じられた方も多かったのではないでしょうか。

ですが、会社、個人もそうですが、メールを使う機会はあると思います。そして、メールも文章を書いたり、ファイルを添付したりと容量を使うのです

とはいえ、大きな問題ではありません。

社員50名の会社と仮定

まず、メールアドレスは無制限に作成できるとします。(ほとんどのレンタルサーバで可能)

次に、社員50名全員がメールアドレスを使うとします。ほとんどのレンタルサーバでメールアドレスを作る際、メール容量制限を設定できます。そして、ここがポイントになります。

メール容量制限とは

メール容量制限とは、例えば1GBと設定しておくと、そのメールアドレスの送受信メール(主に受信メールだと思います)で使った容量が1GBを超えると、メールの送受信ができなくなります。エラーとなるので、容量がいっぱいになったことには大体気づきます。

そこで、メールを頻繁に使う10人のメール容量制限は2GB、それ以外の人は1GBと設定したとします。すると、10人×2GB+40人×1GB=60GBです。
※1GBや2GBにしたのは、実際に取引先の会社さんや自分がそのくらいで設定しているからです

ホームページ・サイトで多めにみて10GB使ったとしますここにメールの60GBを足しても70GBです。残り30GBあります。

さて、社員50人の会社でメールを使っても100GBで何とかなりそうです。ただ、この規模の会社さんだともう少し大きい容量で余裕を持って借りた方が無難だと思いますが(笑)。

まとめ

  • サイトにはテキストファイル、画像、データベースなどが必要
  • サイトは10GBくらいで何とかなる
  • 50人規模でもメールは60GB程で運用はできそう

会社の規模にもよりますが、100GBで何とかなりそうな方は多かったのではないでしょうか?なるべく予算を抑えたい方は、100GBくらいを目安にご検討ください。

自分が使っているサーバのご紹介

僕が個人で使っているレンタルサーバ

さくらのレンタルサーバ スタンダード

初期費用は1,048円で月額524円 のスタンダードプランを使っています。もう11年目くらいですね。
※僕は年間一括払いなので 5,238円で2か月分お得です(参考までに)

最初は容量が少なかったのですが、何年か前に100GBになりました!その時は嬉しかったですね。
また、メールの容量制限の設定もできます。

仕事で使っているレンタルサーバ

エックスサーバー

初期費用は3,000円で、X10プラン(月額1,000円※12か月払い)やX30プラン(月額4,000円※12か月払い)です。

X30プラン(月額4,000円※12か月払い)は自分たちが使うように使っています。自分たちのサーバにお客さんのサイトを多数置くために、それなりの容量が必要になるので容量が倍のX30プランにしています。同じ用途の方は参考までに。

X10プラン(月額1,000円※12か月払い)は各お客さんがサーバを取得する場合に薦めているプランです。こちらが200GBになります。少し余裕がありますね。
もちろんこちらでもメールの容量制限の設定ができます。

さくらのレンタルサーバと比較すると倍くらい掛かりますが、月額1,000円出せるのであれば、オススメです。

 

以上、どれくらい容量は必要なのか?というお話でした。最後まで読んでいただきありがとうございます。少しでも参考になれば幸いです。