【ConoHa WING】WPで「閲覧できません (Forbidden access)」解決方法!

WordPressである設定を行おうとすると、下記エラーが表示されました。

引用:Windows10&Chrome(自分のサイト)

初めて見るエラーでしたので、「サーバをConoHa WING変えたからかな?」と思い、設定を変更してみたところ、解決できました。ConoHa WINGでWordpressをご利用の方は解決できるかもしれませんので、ご覧くださいね。

解決方法

簡単な設定変更で解決できますので、流れを見ていきます。

1.サイドメニューの「ConoHa WING」をクリック

まず、WPにログインします。次にサイドメニューの「ConoHa WING」をクリックします。

引用:Wordpress

サイドメニューに「ConoHa WING」が無い場合

プラグイン「ConoHa WING コントロールパネルプラグイン」を有効化しましょう。

引用:Wordpress × ConoHa WING

■参考URL
・プラグインについて
https://www.conoha.jp/wing/function/plugin/
・プライグインのインストールについて
https://support.conoha.jp/w/wpplugin/…

2.セキュリティ設定でWAF設定の利用を一時ストップ

「セキュリティ設定」>「Conoha WING WAF設定」の「利用」のチェックを外して、「設定を更新する」をクリックします。

引用:Wordpress × ConoHa WING

設定完了

以上で、設定完了です。

閲覧できません (Forbidden access)」のエラーが出てしまった操作をしてみてください。エラーが出なくなり処理が完了できるかと思います。

元に戻すのも忘れずに!

エラーがでる操作や処理が終わったら、必ず「セキュリティ設定」>「Conoha WING WAF設定」の「利用」のチェックして、「設定を更新する」をクリックしておきましょう。

引用:Wordpress × ConoHa WING

WAFは必要なセキュリティ

WAF(Webアプリケーションファイアウォール)はWebサイトの脆弱性を悪用した攻撃を防いでくれています。今回のように攻撃と見なされてエラーになる場合もありますが、基本的には悪意ある攻撃を防いでくれる大切なセキュリティです。

自分の操作で再度エラーが表示されたら、その都度オフにして処理してオンに戻すのがベストだと思います。設定も簡単ですしね。

まとめ

ConoHa WINGでWordpressをご利用の方で閲覧できません (Forbidden access)」が表示された場合は、サイドメニューの「ConoHa WING」から「セキュリティ設定」>「Conoha WING WAF設定」をチェックしてください。

利用設定を一時的に外すことで、エラーを回避することができます。また、処理が終わったらWAFの利用を再開するのもお忘れなく!